7~9月にFile Exchangeの導入を2度試して失敗しましたが、
今回再々トライすることにしました。

ある出品ツールからダウンロードしたCSVファイルが
File Exchangeでも使えるとの情報が入ったからです。

そこで早速、試してみました。
その出品ツールをから自分の出品内容をCSVファイルにダウンロード

それをそのまま(タイトルだけちょっと変えて)File Exchangeで
eBayにアップロード

その結果は、、、
無事出品ができました!


Descriptionはまだテキストの羅列状態ですが、
基本的な情報は大体入っている様子。

今までエラーばかりで出品ができなかったのがウソのようです。
これでようやく最大のハードルを突破しました。


その後、送料・配送地域設定や画像情報などを行い、
トライ&エラーを数十回繰り返しながら必要な修正を進めて
なんとかAuctivaやSell an item (eBay上のデフォルト出品ページ)
と同レベルの出品ができるようになりました。

一番難しかったのがDescription内の記述でした。
背景や画像配置などを含めたHTMLフォーマットで基本通るはずなのですが、
Description内にセル内改行などが存在すると、アップロード時にエラー
が出て弾かれてしまいます。

それらを除去するため、
「とりあえず」Turbo Listerが提供する下記の変換プログラム
で乗り切ることにしました。
#あくまで暫定です(笑)
http://pics.ebay.com/aw/pics/pdf/us/file_exchange/FileExchangeDescriptionUtility.zip

1出品毎のDescription(HTML)をこれにコピペし、
自動的に出力されるHTMLテキストを
File Exchange用アップロードファイルにコピペするだけです。

※難点は、Description毎にこれを繰り返す必要があることです。
 具体的には、Descriptionの異なる出品が100あったとすると、
 このコピペ作業を100回行わないといけないということです。


まだ不満はありますが、
なんとかFile Exchangeで必要レベルの出品が無事できるようになりました。