米国のバイヤーが、注文した商品が届かないという理由でケースを6月半ばにオープンしました。

発送したのは5月上旬で、
日本郵便の追跡情報を見ると、5月半ばに「到着」となっているので、
必要情報をeBayに連絡すればこちらのFavor(勝ち)になるはずでした。
ところが、eBayの取った判断は、こちら側の負け。

これは当然納得がいきませんよね。
※ここまでの詳細についてはこちら

追跡情報を見ても商品が「到着」になっているにもかかわらず返金することになったのはなぜか?
これだとすべてのケースでアウトになってしまう。Appealできないのか?
とeBayに問い合わせたところ、
「Caseが閉じてから45日以内にAppealできる」とのこと。

但し、
「以下の内容を含むものが正式な書類と
なりますので、アピールが可能である45日以内にご用意いただきますようお願いいたします。
・調査請求書のトップに”Reply to Enquiry”と記載されているもの
・郵便局のサインまたは印が記載されているもの」


郵便局に調査依頼を出すとともに、
併せて、USPSに詳細情報を出すように要求しました。
そうすると、なんとUSPSの配送員が持ち帰ったとの回答。
それではどういう理由で持ち帰ったのかと問いただすと、
数日後、メールでその内容が返ってきました。
———-
“The Carrier of XXX Cannonball Rd Somerset, Ky. YYYYY, stopped and talked to a lady at the residence.
She states she has received everything she has ordered.  
The delivery scan is not updated and carrier cannot remember this piece.
I apologize for the missed scan as this is an important feature when tracking missing mail.

JJJJ PPP
Customer Service Supervisor 
———-
要するに、
『宛先住所の女性が「注文したものは全部受け取った」と言うので配達員は荷物を持ち帰った。
しかしスキャンし忘れたので、持ち帰ったことが記録に残っていない』とのこと。

事情を知らない別の誰かが出てきて私の荷物じゃないと言ったのか、本人が勘違いしたのかは判りませんが、
いずれにしても受取人の住所に居る人が受け取りを拒否したに等しいので、
バイヤー側の責任が大きいのは間違いないと思われます。


なので、時間が喰われるのは痛いですが再度eBayにAppealが可能かどうか聞いてみました。
すると、「USPSの正式な謝罪文が記載されたドキュメントの提出がアピールする上で必要」と。

もしその指示通りにするとしても
アメリカの企業が自社の責任を問われるような内容を(サイン入りの)文書で
提出してくれるかどうかは極めて疑問です。

これ以上時間と労力を費やしても前進する可能性はほとんどないことが分かったので
甘んじてeBayの処置を受け入れることにしました。


じゃ、肝心の商品はどこに行ったのか??
これもUSPSに別途問い合わせましたが「不明」の返事しか返ってきませんでした。
1つだけ救いだったのが、日本郵便が損害賠償をしてくれることになったということ。


最後に、、、
今回、いくらこちらの主張が正しい(ように見える)と言っても、
それに沿った結果を得ることができないばかりか
自分の時間をとられ過ぎました。
当たり前ですが、あるところでスパッと損切りする潔さが必要ですね。