今までeBayデフォルト機能を使って出品していましたが、
時間がかかる(1出品当たり15~30分)こともあり限界が見えていました。
そこで出品を簡単且つスムーズに行うために、
下記のeBay出品ツールを比較検討しました。

①Sell an item (今まで使ってきたeBay上のデフォルト出品ページ)
・最初はここで経験を積むのが良い。
 他のツールを使うにしても、不明点が出た場合に立ち戻るのはここなので。
・当然ながら日本語対応×

②Merchant Run
・マルチサイト出品(多サイト出品)が可能
 アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、スイス、ドイツ
 など多数のeBayサイトに出品できるという優れもの
・通知設定・・・自動でバイヤーへのメールを送信してくれるのが嬉しい
・日本語対応◎

③Auctiva
・Sell an item(eBay上)での手入力出品に慣れてくればこれがお勧め。
・マルチバリエーション(multiple variations)を使った出品が簡単
・画像を視覚的且つ簡単にアップロード・掲載できる
・見栄えの良いスクロールギャラリーを装備
 ストア内の出品をスクロールしながら(若しくは一覧を表示し)
 バイヤーに紹介できる。これはとても魅力的。
・現状では日本語対応×

④Turbo Lister
・複数の出品内容をエクセルのような一覧表で見ることができる
・一括出品はもちろん、横断的に設定や在庫数をチェックするのに適している
 ※私見ですが、大量一括出品に向いていると思いきや・・・実は少々扱いにくい。
・不具合が多いという噂
・なんといっても無料!
・日本語対応×

⑤File Exchange
・一括大量出品・一括更新に最適
・横断的に各商品の設定や在庫数をチェックしやすい
・Microsoft Excelでデータ加工が容易(CSVに落としてアップロード)
・おそらく最終着地点はこれ
・日本語対応×


一長一短があるのでどれにしようか迷いましたが、
結局今回メインツールに選んだのは、Auctivaです。
(ちなみに、サブとしてTurbo Listerを使っています)

何故か?
既に挙げた特徴はもちろんのこと、
試しに使ってみると判りますが、
・出品済の内容をコピーし、中身を書き換えることで別の商品を素早く出品可能
・発送料金・地域(Shipping detail)の設定ではいちいち商品毎に入力する必要はなく
 少数のリストをあらかじめ登録しておくことでそれらを何度も選択利用できる
・Descriptionの背景を豊富な画像リストの中から選択できる
・Description内に配置する出品写真の並べ方・並べる位置を選択できる
などの機能も有難いと思ったからです。

eBayデフォルトの出品ページを使っている人にとっては、
Auctivaを使うとその使いやすさの差を実感できるでしょう。
但し、有料です。
プランは下表のとおり。
auctiva-plan

ちなみに自分はAdvanced Planを選択しました。
マルチバリエーションが使える最安のプランですし、
月に10ドル程度ならほとんど負担にならないと思ったので。


ご参考いただければ幸いです。