既に大きな話題になっているように
国際郵便の一部料金が6月1日に値上げされました。

http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/0129_03_01.pdf

輸出物販に関連するところだけ抜粋すると、
—-
国際郵便物の料金の一部改定
(1) EMS(国際スピード郵便)の料金を 300 円~500 円引き上げます。また、300g の重量区分を廃止します。
(2) 国際船便小包郵便物の第 1 地帯(東アジア)の料金を 100 円~1,550 円引き上げます。
—-
ということですが、
船便はほとんどの方が使わないと思うので、実質的に影響があるのはEMSということになります。

まあ、日本郵便の料金体系は他国の同等サービス、
特にUSPS等と比べても比較的安かったのである程度の値上げは仕方がないかと。


そのEMS、値上げ幅は下記の通り(全重量帯一律)
アジア ¥300
豪州・北米等 ¥500
ヨーロッパ ¥400
南米・アフリカ ¥300

なんと、良く使う北米のところが一番値上がっている!

加えて300g の重量区分が廃止されたこと・・・
・・・一部セラーにとって影響があるかもしれませんね。


ちなみに、私は普段eBayでは次のサービスに良くお世話になっています。
EMS    →eBayでは、”Expedited Int’l Shipping”として利用
eパケット  →eBayでは、”Standard Int’l Shipping”として利用
SAL(書留付) →eBayでは、”Economy Int’l Shipping”として利用

このうちEMSの価格だけをエクセル上で修正し、File Exchangeを使って一括変更しました。
※普段の在庫管理と変わらない手間で非常に楽♪

さて、、、これによって”Expedited Int’l Shipping”の利用率が下がるのか、
しばらくウォッチしていきたいと思います。