先日、eBayで購入したバイヤーから、
受け取った商品が出品説明と異なる、と異議が入り払い戻し請求を受けてしまいました。

調べてみると、たしかにこちらのミスで、
サイズ違いの商品なのにタイトルを同じにしてしまっていたことに起因するものでした。

ただラッキーだったのが、
このバイヤー、eBayを通さずPaypalから異議を入れてきたことです。
(注)このPaypal上の異議であっても、eBayのResolution centerには、
 該当取引のStatus欄にPaypalでの異議になったことが掲載されます。


何故かというと、
eBayは顧客側にかなり寄った判定を下すことで有名ですが、
Paypalはおおよそ真ん中の立ち位置で判断してくれるのです。


Paypalの担当者と相談したところ、次の①②のどちらをとるか
選択することになりました。
—–
①払い戻しを認め、異議を終了するか、
②払い戻しを拒否して、ほかのオプションを確認する
 ↓
(2-A)払い戻し請求の拒否
(2-B)異なる金額の払い戻しを申し出る。但しバイヤーとの連絡を継続する。
(2-C)この異議をPayPalクレームにエスカレート
—–


今回は(2-B)を選択した上で、
バイヤーに次のメッセージを送りました。
—–
We’re announced from Paypal that you made a complaint in Paypal.
Of course we want to solve with you together fairly and rightly.
Could you choose one of our following proposals, (A) or (B) ?


(A) Refund of gap of the price without returning
We’d propose to make a refund of USD14.0 for the gap
between the large stone you ordered (USD69.99) and the small one you received (USD55.99).
In addition to that, we’ll compensate for the inconvenience to back USD5.0.
Totally, we’ll back USD19.0 through Paypal.

(B) Replacement
(1) Please send back the item to us(seller) by a shipping way with its tracking number.
It is necessary to return it (as is), including all the appurtenance in its original box.
(2) We check the condition of the item soon after it reaches us in Japan.
(3) We’ll refund for the item, or send the large xxxxxx
In addition to that, we’ll compensate for the inconvenience to back USD5.0.
—–


その後、レスポンスを待ていたのですが、待てど暮せど返事なし。

結局約20日後にPaypalより
「この異議は、20暦日以上未解決の状態が続いたため、自動的に終了となりました。
異議を申し立てられたこの支払いに関連する資金は、引き出せるようになりました。」
との連絡があり、自動的に異議が閉じられることになりました。

不幸中の幸いでしたが、
商品タイトルを間違えた原因は、既存出品の内容をコピーして書き換え利用した際に
十分な内容チェックを怠っていたことのようです。

同じことが再発しないよう、気を引き締めていきたいと思います。
#トラブル処理に要する時間は半端じゃないですから・・・