————————
【輸出ネットショップ構築セミナー】ですが
キャンセルが入ったので、わずかですが席を確保できました。

特典付きで募集を再開しましたので
大阪会場での参加をご希望されている方、お急ぎください!

http://gxnetshop.com/wp/go-ex_sem62-01ba/


————————

 

皆さんは、送った商品に不具合があるということで
返金を求められたりしたことはありませんか?

先日、自分にもそんなことがありました。


ギリシャの顧客が11月末に
ネットショップで商品を2つ購入してくれたのですが、、、

その後数日間のうちに2~3回も
親しげな口調でいろんな話題をメールに書いてきたり、
なんとなく普通の顧客と違う雰囲気。

年が明けて1月の上旬にその顧客から
「この商品2つを友達に渡してしたんだが、
彼が言うには角が削れていて不良のようだ。
返金してほしい。
もう1つの商品は問題が無かったんだけど。」
と連絡が入りました。

次のメールで
その削れている部分の写真を
ホレとばかり多数送って来るのですが、

「だったら返品してくれたら返金するよ」
とこちらから持ちかけても、
「友達に渡したから返せない。
彼がそれを直そうと追加工したんだが駄目だった。」
と、一向に商品を返そうとせず、ただ返金の約束を迫るばかり。


11月末に販売した商品で
苦情申立期間の14日をとっくに過ぎているので
それをやんわり拒否すると、
今度はPaypalを通して異議を申し立ててきました。

その異議ですが、なんと
商品2つ分の金額を返せ、
という内容にすり替わっていたのです( ゚Д゚;;
#あれ、不具合は1つだけでは?


ここに至って、
もしかしたら詐欺かも、という疑いが濃くなってきました。
削れていると主張する部位も
メーカーだと検査で必ず気が付くはずの箇所。
それにあの写真・・・友人が追加工して削ったあとの
写真を送ってきたのかもしれない・・・


そこで、ズバリ次の文をPaypalのメッセージ欄に残してみました。
“The order has two items but you require a refund for all
though you complaint against one of them.
And as you explained, you had passed the item
to your friend to process it though it is not defective.
Considering the two facts, it looks fraud, thx.”

「2つのうち1つは問題なかったのに、2つ分の返金を要求してますね。
更に、問題の(削れている)商品を友人に渡して追加工したと聞いてます。
これら2つを考えると不正の疑いがあると思うのですが、いかがでしょうか?」

※こんなにはっきりと書くのは珍しいけれど
 試しに思い切って言ってみました。
 (ネットショップでの取引だったので、eBayの時より少し強気w)


そうすると、あれだけうるさかった相手からピタッと連絡が入らなくなり、
このPaypal異議も放置状態。
そして1月末に無事期限切れを迎えました。
(=強制返金されずに済みました!)


やはり最初馴れ馴れしかったのは詐欺の伏線だったか・・・

最初からガンガン苦情を申し立ててくる相手よりたちが悪かったです。
皆さんも馴れ馴れしい相手には気を付けましょうw