初心者でも簡単! 独自ネットショップを構築・運営し、輸出物販で安定して高収入を目指すための貴重なノウハウを提供します。
ブログ

未着の異議申立てがエスカレーションされたらどうなるか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
大阪で好評を博した【輸出ネットショップ構築セミナー】

東京会場の限定募集は本日3月10日 23:59で締め切ります。

輸出ネットショップ構築セミナー real 6307

あと2席です。お急ぎください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

12月上旬に発送した荷物がまだ届かないということで
12月末に一旦Paypalで異議を申し立てられました。
相手はフランスのバイヤー、合計で約3万円の荷物。

その異議は時間切れで終了となったのですが、
バイヤー曰く郵便局には「配達済と言われた」ようです。
(さすがフランス?!)
“Hello I’m still waiting for an arrangement
I was again to the post and the latter told me that the parcel had been delivered normally.
However, I have told them I never received my package. “


ただ、どうしてもあきらめきれなかったのか、
再度このバイヤーは異議を申し立ててエスカレーションしました。


エスカレーションされるとPaypalが規約に基づいて動き始めます。

こちらの手続きとしては、トラッキング番号を知らせ、発送証明(画像)を送って
Paypal側で調査をしてもらいます。
ただ、担当者曰く
「先方に届いていなければ全額返金となる可能性があります」( ゚Д゚;;

まあここまでの話ならeBayとさほど変わらないのですが、
ここからがPaypalの対応が(eBayに比べて)優れているところ。

もし、全額返金になったとしても
「後日郵便局から配達証明書が出てくれば、それをPaypalに送ることで
補償されますのでご安心ください」と!


このように、セラーから見ても
「常識的」に対応してくれるところがPaypalのいいところですね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP