このところ、ネットショップ関連ブログの表示スピード改善に取り組んでいます。

なぜかというと、表示速度が遅いと訪れた人はいらいらするだけでなく、
表示されるのを待たずして離脱してしまう恐れがあるからです。

このショップ関連ブログは、潜在顧客をショップに誘導する役目を担う
という重要な役割を果たしているので、このままではいけない。

自分自身でそのサイトにアクセスしても「遅い!」と
感じてしまうほどでしたから、他の人から見ると言わずもがなですね。


実際にGoogleが提供するツール、
PageSpeed Insights“を利用して自身のサイトを評価してみると・・・
speed改善前

このような酷い結果に( ゚Д゚;;



そこでいろいろ手を打ちました。
サーバを乗り換えたり、各種プラグインを追加したりして高速化を図った結果↓
speed改善後


それなりにスコアが改善されました!
自分でアクセスしてみても、
表示スピードはなんとか許せるところまで向上(^o^)/

さて、実際には
そんないいことばかりではありませんでした。

まさか酷い副作用が現れようとは夢にも思わず・・・
(次に続く)